新しい感染症対策を追加しました

お客様に安心して当事務所をご利用いただけますように、今週から新たに次の3つの感染症対策を追加いたしました。

(1)飛沫防止アクリルパネルの設置

飛沫感染防止パネルを設置しました

飛沫感染を防止するためのアクリルパネルを打合せテーブル上に設置いたしました。また、これまで通り司法書士は面談中マスクを着用してお客様に応対いたします。

(2)換気設備の導入

これまでは応接スペースの窓を2か所開ける形で換気を行ってきましたが、お客様のプライバシー保護と感染症対策を両立させるため、面談中は換気設備を動作させ強制的に換気を行います。

なお、これまでのように窓を開ける形での換気をご希望される方はその旨お申し付けください。

(3)非接触型の消毒設備の導入

非接触型の消毒設備を導入しました

事務所の玄関に、非接触型(センサー式)のアルコール消毒設備を導入いたしました。

手のイラストが描かれた上の白いノズルと下のグレーのトレーの間に手を差入れていただくと、自動的にアルコール消毒液がスプレーされます。消毒をする時に、レバーやボタンに触る必要がありませんので、より簡単・安全に消毒ができるようになりました。

当事務所では、今後も継続して、国や地方自治体、関係機関の定める方針やルールなどを遵守し、安全・安心に当事務所をご利用いただけるよう対策を行ってまいります。