遺言書の検認

遺言書の検認とは

お亡くなりになられた方が自分自身で遺言書を書いて、法務局の遺言書保管制度を利用せずに自分自身や家族が保管していた場合、その遺言書を相続の手続きで使用するためには、家庭裁判所での「遺言書の検認」という手続きが必要となります。

手続きをする人

遺言書の検認の手続きは、遺言書を保管していた方や遺言書を発見した方などが、お亡くなりになられた方の最後の住所を管轄とする家庭裁判所に決められた書類を提出して行います。

検認について

裁判所が指定する日に申立人と出席を希望する相続人が裁判所に集まり、裁判官が申立人や相続人と共に遺言書の形状や内容などを確認します。なお、遺言書が封筒に入っていて封がされている場合は、勝手に開封することは禁止されており、裁判所での検認の際に開封する必要があります。

検認後、検認が済んでいることを証明する証明書を交付してもらうことで、遺言書を相続の手続きで使用することができるようになります。


この業務について

この業務は、家庭裁判所に提出する遺言書の検認の申立書と添付書類の作成を行う業務となります。


費用について

親である被相続人の相続で、相続人が子供2人の場合に、遺言書の検認の申立てをする場合の費用の例は次のとおりとなります。

基本報酬

3万円(税別)

実費

5,000円程度

※申立書に添付する書類(戸籍謄本等)の取得に係る手数料や申立書に貼る収入印紙の費用などとなります。

費用の例に関して

  • 費用は、基本報酬(司法書士への報酬)と実費(書類の取得手数料や裁判所に納める収入印紙や切手代など)を合算したものとなります。
  • 上記費用の例は、相続人の人数などにより金額が変更となることがあります。
  • 費用のお支払いは、裁判所への書類の提出前に一括でのお支払いとなります。

業務の進め方

遺言書の検認申立書類作成業務は、次のステップで進めてまいります。

  1. 電話またはウェブサイトから相談予約をご連絡ください。日程や場所の調整をさせていただき、ご準備いただきたい資料などをお伝えします。なお、遺言書が未開封の場合は開封せずにそのままの状態でお持ちください。
  2. 相談時には、依頼者様からお話を伺いご準備いただいた資料を確認させていただきます。そのうえで、必要となる手続き、概算費用やスケジュールの目安について説明いたします。この段階では依頼者様にお支払いいただく費用は発生いたしません。また、相談の結果、当事務所に依頼をしないというご判断をされても問題ございません。
  3. 相談の結果、当事務所にご依頼いただける場合、その旨をご連絡ください。相談の場でご依頼いただいてもかまいません。当然のことながら、正式なご依頼が頂戴する前に、戸籍謄本などの書類の収集などの作業に着手することはございません。
  4. 司法書士が手続きで必要となる書類を作成し、依頼者様に作成した書類へご署名・ご捺印をいただきます(郵送でのやりとりも可)。また実費の最終的な金額が確定しますので、正式な費用の金額を提示いたします。費用については、現金もしくは銀行振込によりお支払いをお願いいたします。
  5. 全ての書類の準備が整い、費用のお支払いがあった後に、司法書士が管轄の裁判所へ書類を提出いたします。
  6. 申立後に裁判所から申立人と相続人全員に、裁判所で検認を行う日(検認期日)が郵送で通知されます。
  7. 検認期日に、申立人(必ず出席)と相続人のうち立会いを希望する方が裁判所に集まり、検認の手続きが行われます。
  8. 検認終了後に検認済証明書の申請を行い検認済証明書を取得します(原則当日その場で取得可能)。

お電話[0223-31-0542]またはウェブサイトからお問い合わせ・相談ご予約をお待ちしております。

まずはお気軽にご連絡ください!